2014年08月26日

頭が悪い=指示通りの動きしか出来ない(自分で考える脳みそが無い)=撮られる(人生終了)

↓は、撮られていることに気付いていないマヌケな集団ストーカー参加者の末路です。 


↑の動画に出てくる「彼ら」は、「誰か」に頼まれて被害者を待ち伏せし、被害者が隠し撮りしていることに全く気付かず調子に乗って「誰か」から指示された嫌がらせを実行してしまいました。その結果、被害者に証拠保全されてしまったわけです。
被害者の皆様が一番苦労しているのは「証拠がなかなか撮れない」ということでは無いかと思います。「彼ら」は、被害者が「隠し撮り(証拠保全)」していると気付いた途端に、「その時だけ」嫌がらせをやめますからね。

「では、どうすれば証拠が撮れるのか?」

答えはカンタン。

「彼らが気付かない様に撮る」

「難しい」って?・・・いいえ、やってみればわかりますが、カンタンです。

やり方をここに書くのはカンタンですが、ご自分で色々と試行錯誤された方が、身に付くと思います。被験体(上の動画の様な、モルモットに出来るバカ)は、毎日の様に湧いて出てくるわけですから。

敢えてストーカーに「図に乗らせてデカイ態度をさせる」のも、証拠保全テクニックの一つです。「彼ら」は、セリフだけはキングサイズですが、セリフに反比例して大変チンケな生き物です。脅さずに優しくチキンな生態を隠し撮りしてあげましょう。

まとめ:「集団ストーカー」の場合、犯人を調子に乗らせた方が、良い証拠が撮れます。

「彼ら」は、面識のない人を待ち伏せして、後ろからチンケな嫌がらせをして逃げる様な「卑怯者」ですが、
彼ら以上に卑怯な「真の卑怯者」は、「彼ら」に待ち伏せ・嫌がらせを指示しておいて、「彼ら」が犯行の瞬間を撮られて「面白DQN動画に化けてしまった」のに、そのまま放置してる「指示者」です。「彼ら」は、まさしく「使い捨てのコマ」にされたわけですね。

「撮られた場合は自己責任でヨロシク。じゃあ、Let’s集スト!」

みたいなノリなんでしょうか。誰に命令されたんだか知りませんが、自分たちが面白動画に化けたりストーカー規制法で逮捕されるリスクを冒してまで、義理を張るほどエラい人なんでしょうかねぇ、命令を出した輩は。「バカに待ち伏せさせて幼稚なセリフを言わせる」という行動からして、命令出した輩は「小物」にしか思えませんけどね。バカな任務に従事して、不運と踊っちゃったパシリに合掌。

posted by 飯塚守 at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。