2014年04月10日

3つの情報を盗んでます


集スト被害者のプライバシーの盗まれ方は、3つ。

@「住居内の盗聴・盗撮

A「通信の不正傍受

B「現在地の把握

これだけです。あとは@ABの方法で被害者から盗んだ情報を「不特定多数のバカ」に与え、それをネタにした嫌がらせを、代わる代わる繰り返させるだけ。「集団ストーカー」はそれだけの話です。だったら、突き止めて表沙汰にさせるべきなのは「どうやって@ABを実現可能にしてるか?」だけです。以下、ざっと「手口の推測」を書いときます。





@「住居内の盗撮」
g
何らかの方法で、被害者の自宅内の様子を、集ストの手元にある「モニター(スマホかも知れないしPCかも知れない)」に表示出来る様「お膳立て」し、その上で「使い捨てのバカ」にローテーション(早番・日勤・夜勤)を組ませて24時間体制でモニターを監視させ、被害者がどういう行動をしたかを細かく記録させます。記録させた情報の中から、嫌がらせに悪用できそうなネタをピックアップし、後日、不特定多数のバカに「サル芸」を仕込んで、被害者のもとに派遣します。被害者の家の中のどこかに隠しカメラを仕込む等して、家の中の様子を「ライブ配信」出来る様にしておけば、アクセスポイントを知っている集スト関係者不特定多数が、スマホや携帯で映像を見れる様になっているかも知れません。この状態であると仮定すれば、「指導員とやら」の出動命令を待たずとも、下っ端が独断で嫌がらせに駆け付けることも可能です。





A「通信の不正傍受」
line.jpg
被害者の所有する「自宅固定電話」「携帯電話」「ネット使用状況」は全て、24時間体制で不正傍受されています(ここには出しませんが、裏付ける証拠を持っています)。タネとして考えられるのは2つ。

(1)不正傍受スキルに長けた通信技術者の関与

(2)「個人の通信内容を閲覧することの出来る機関」
    に在籍する者の協力


です。他にもあるかも知れませんが、とりあえず。


(1)の可能性もありますが、(2)の可能性が高いです。「創価学会」の信者は、昔から盗聴事件を起こしています。組織ぐるみで必死こいて表沙汰にならない様にしているものの、2004年には「NTTドコモ通信記録持ち出し事件」が表沙汰になっております。そもそも「創価学会」は、毎年コネで「警察」「大手通信会社」「プロバイダ」等の「必要に応じて個人の通信内容を傍受出来る権限のある機関」に信者を就職させています。コネで就職させた信者に「コイツの通信内容を傍受出来る様にしろ」と命令すれば、被害者の通信内容を「表沙汰にならない様に」常時、不正に傍受させるお膳立てをするぐらいはカンタンでしょう。お膳立て(システム)さえ出来ていれば、あとは「使い捨てのバカ」に被害者の通信を常時不正傍受させ、悪用できそうな被害者のプライバシーを記録させとけば良いだけです。
 これは、集ストが公にならない限り、個人では防ぎようがないので「どうすれば通信の不正傍受を防げるか?」と悩むだけムダです。悩んでる方は、悩むのはやめましょう。別にやましい事をしてるわけではないのですから、堂々と通話すれば良いです。通話内容を不正傍受して嫌がらせに悪用してくる輩こそ犯罪者なのですから、そいつが現れたら、撮影・証拠保全してたっぷりと返礼して差し上げれば良いです。





B「現在地の把握」
line.jpg
@Aによって「被害者がいつどこに行くか」を把握していれば、待伏せするのはバカでも出来ます。それに加え、被害者の所持する「携帯電話」「車」「デジカメ」等のGPSから現在地を割り出すことが出来るなら、被害者が途中でルート変更したりしても被害者を追跡することが可能でしょう。実際に、

「統一教会の関係者が脱会者の車にGPSを仕掛けてストーカーした事例」




「警察が捜査対象者の所有車両に無断でGPSを取りつけて行動監視していた事例」
http://haramatsukita.jugem.jp/?eid=3019


もありますので、「創価学会」の信者がそういうことをしたとしても、全く不思議ではないですよね。

「ココセコム」なんてのもあります。


 不審者が時間を選ばずいつでも被害者の所に駆け付ける異常さを考えると、「ココセコムレベルのGPS機能と監視体制を悪用してるんじゃないか」とさえ思えてしまいますね。そういえば「集ストやってる創価学会」の全関連施設と契約している警備会社がありました。当然「創価学会」とは昵懇でしょうが、会社名、何だったかな〜(興味がある方は検索して下さい)。

 仮に「GPS説」を除外しても、一個人である被害者が通過するルートは、ごく限られてます。せいぜい、分岐点が数点ある程度でしょう。その限られた場所に最低1匹「使い捨てのバカ」を配置して、被害者を見かけたら携帯で合図を送らせる等しとけば、一個人に常時ストーキングするのはカンタンでしょう。





ざっと殴り書きですが、私は@ABの推測を裏付ける証拠を確保した上で申し上げております(書くと長くなるし、このブログを見てる集ストどもにわざわざ「どういう証拠を持ってるか」を教えてしまうことになるのでやめときますが)。被害者の皆様も是非、@ABのタネが何なのか、考えてみて下さい。諸説ありますが、SFチックなことは考えず、現実的・科学的・物理的に分析・推測して下さいます様、お願い申し上げます。



posted by 飯塚守 at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。